2013年06月17日

「CHANGE」〜未来を変えるプレゼンパトル 

北は北海道から、東京、南は九州まで、全国の学生が集うビジネスプランのプレゼンテーションコンテストを福岡で開催します!

 学生だからこそ、果敢に挑戦出来るフィールドがある。
 学生だからこそ、今経験しておくべきチャンスがある。

2013年7月4日、開催決定!
ソーシャルメディアをフル活用したビジネスプランコンテスト「CHANGE」〜未来を変えるプレゼンパトル ビジコン2013 in Fukuoka〜 が、九州博多で開催されます!


【今回のイベントのポイント】
————————————————
・ビジネスプロデュース力を身につけるためのプログラムを準備
・動画プレゼンテーションとリアルプレゼンテーションのW審査
・自分のアイデアを実現させる事が出来るビジネスチャンス創出
————————————————

ビジネスのアイディアはあるけど、実現するにはもう一歩。
想いはあるから、絶対形にしたい。そのために力を貸して
ほしい!そんな学生がプレゼンテーションで夢を語ります。

審査員も各方面のプロフェッショナルの方にお願いしました!
★審査員★
 株式会社岡野 岡野社長
 株式会社CROSS FM 徳田社長
 日本MITエンタープライズフォーラム 川原理事長
 株式会社麻生 グループ経営推進部 馬場部長
 福岡県 ふくおかIST 神田橋チーフマネージャー
 佐賀県 最高情報統括監 森本CIO
 ナレッジネットワーク株式会社 森戸社長

★プレゼンテーション(発表順)★
1.【九州大学】アジアンミュージシャン発掘プロジェクト
2.【一橋大学】新時代のモノづくりシェアハウスMakers House(メイカーズハウス)
3.【福岡工業大学】地方の学生を支援する動画で面接システム
4.【九州大学】IT×教育での次世代人材育成(オンラインスクール)
( 休 憩 )
5.【早稲田大学】成功体験型ビジネスインターンシップ(BizShip)
6.【九州大学】トゥクトゥク糸島走りタイ!
7.【西南学院大学】ソーシャル・アクション~子育て応援プロジェクト~
8.【佐賀大学】故郷を応援する新たな地産他消のECサイト支援
 ( 休 憩 )
9.【九州大学】ネットを活用した東北復興支援プロジェクト
10.【福岡大学】日本を技術力で再興する進路支援プロジェクト
11.【北海道大学】外国人留学生を活用したコミュニティ型多言語翻訳事業
12.【九州大学】メディア連動型次世代人材育成プログラム(BPS)

★コンテスト日時★
■日時:2013年7月4日(木) 18:30〜21:00(18:00受付開始)
■場所:アクロス福岡 1階円形ホール
 (http://www.acros.or.jp/access/index.html)
■主催:NPO法人学生ネットワークWAN
■共催:一般社団法人日本中小企業情報化支援協議会
■協賛:
 日本マイクロソフト株式会社
 イノベーションズアイ/フジサンケイビジネスアイ
■お問い合わせ
 ビジコン2013 in Fukuoka 実行委員会
 092-716-8281 
 bizship@kg-wan.net

★動画プレゼンテーション総選挙★
6/27から動画プレゼンテーションの配信も開始しました!
「いいね!」の投票を受け付けていますので
動画プレゼンテーションもぜひご覧ください!
↓↓視聴・投票はこちらから↓↓
https://www.facebook.com/bizshipJAPAN


☆懇親会について☆
イベント終了後に懇親会を開催します!!
トップに固定されているアンケートで参加不参加を教えてください♪
場所:アクロス周辺の居酒屋
予算:3000円程度
時間:21:30~23:30

同じカテゴリー(人材育成)の記事画像
ビジネスの芽がたくさん生まれてきました!
来年こそは!
君たち(学生)でも出来ると信じてあげる
営業研修に真剣に取り組んでいる企業の半数は増収増益
無意識有能な上司と有意識有能な上司のどちらがいいですか?
基本があるから応用ができて、型があるので指導もできる
同じカテゴリー(人材育成)の記事
 ビジネスの芽がたくさん生まれてきました! (2015-01-01 10:24)
 来年こそは! (2014-12-31 07:51)
 君たち(学生)でも出来ると信じてあげる (2014-12-29 10:32)
 営業研修に真剣に取り組んでいる企業の半数は増収増益 (2014-11-26 09:55)
 無意識有能な上司と有意識有能な上司のどちらがいいですか? (2014-11-20 19:10)
 基本があるから応用ができて、型があるので指導もできる (2014-11-10 12:14)

Posted by 森戸裕一 at 20:26 │人材育成