2008年08月31日

自分の人生への執念

自分の身の回りのことに挑戦する。

見えないものを探す時間があれば、


目の前のものをしっかりと観察して(See)
  ↓
自分の頭でしっかりと考えて(Think)
  ↓
挑戦するものを見定めてゴールを設定して(Goal)
  ↓
そのゴールを達成するためのプロセスを計画して(Plan)
  ↓
そのプロセスを実行してみて(Do)
  ↓
そのプロセス毎の実行状況をチェックしてみて(Check)
  ↓
次のステップに進む(Action)

という流れで目の前の仕事などにチャレンジすることが重要だと私は考えます。


企業などの研修などでもPDCAのマネジメントサイクルを意識して仕事を行うことに重要性を話をしていますが、PDCAをまわす前段階の目の前の状況をしっかりを観察して、自分の頭でしっかりと目標を考えることになりますが、その目標は単なる予測ではなく、自分の意思となるまで考えつくす必要があるのではないかと思います。

目標自体が途中であきらめるような目標だったり、投げ出してしまうようなものであれば、PDCAなどのマネジメントサイクル以前の問題になります。

企業が目標管理などの成果主義のシステムを導入するのは必然であり、ただ、そのシステムが機能しないのは目標の設定の仕方にも問題があると思いますが、その目標を達成するという意思確認が弱いのではないかと思います。

目標という自分が達成したい、もっと言えば、自分が行きたい場所を設定したときに「なりたい自分」というものが見えてきます。そのなりたい自分というものが明確になっていない場合には、目標設定は困難になるかもしれません。

営業などの仕事でも、目標への執念を見せる人、目標を立ててもそれをやり過ごす人がいます。

目標を達成できなくても執念を見せる人は、チャレンジしたことで様々な知識と経験を得ることができますが、執念を見せることができない人は、結局、時間を使うだけになってしまいます。

残念ですが、結局、それが自分の人生になってしまいます。


人生というのは時間(寿命)で語ることもできますが、深さ(意味)で語ることもできます。

特別なことをやらないと人生の意味はない

人と違うことをやらないと人生の意味はない

とは思いません。


目の前の仕事というのは、偶然現れた訳ではなく、自分に課せられた課題と捉える方が前向きにチャレンジできます。

その課題に素直に向き合って、その課題をクリアしていくことで自分の存在する意味が刻まれていきます。


当社の社員にもさまざまな課題を与えています。

その課題に正面から向き合って、それを自分でクリアしていくことで個々人の存在意味というものが生まれてきています。

当社の場合には、今まで市場に無かった価値を創るということに注力していますので、個々人が持つ意味というのは非常に深いものになってきます。

8月も今日で終わりましたが、

仕事を通じて自分の価値を創り出すことを楽しむ

という感覚を持っている社員が、来月もがんばってくれています。

8月は、SNSという情報システムと人材育成という当社の強みを組み合わせたサービスを提供することができるようになりました。SNSと使った企業の新卒内定者フォローというのは当たり前感も出てきましたし、当社でも多くの企業に採用していただいています。そのシステムに人材育成の様々な付加価値をつけるという部分で、当社の社員の創造力が発揮されています。



新卒内定者フォロー 【SNSラーニング】


研修・セミナーフォロービデオの詳細はこちら
内定者フォローSNS「フレッシャーズ」の詳細はこちら


SNSとの親和性が良いサービス
内定者特性に合わせたサービス
企業特性に合わせたサービス
企業の人材育成計画に沿った形でのサービス

などを必死に考えてくれています。


同じカテゴリー(ビジネススキル)の記事画像
無意識有能な上司と有意識有能な上司のどちらがいいですか?
WordPressは必須スキル?
次世代はどのような仕事が主流になるのか?
どうすればそれを楽しく完了できますか?
目標に向けて今すぐできる戦略は何ですか?
あなたが手に入れたいスキルは何ですか?
同じカテゴリー(ビジネススキル)の記事
 無意識有能な上司と有意識有能な上司のどちらがいいですか? (2014-11-20 19:10)
 ネットショップを開設しませんか? (2014-06-14 13:09)
 WordPressは必須スキル? (2013-05-31 19:46)
 次世代はどのような仕事が主流になるのか? (2011-05-06 05:46)
 真剣になれない理由 (2011-05-03 23:28)
 時代の変化を読む、そして判断・行動する (2011-05-01 23:27)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。