2008年10月20日

辛抱強く人を育てる

自分がやった方が早い

仕事を部下や社員に指示した後にこのように思うことがある幹部社員や経営者は多いのではないかと思います。

たしかに部下や社員がやるよりも自分がやった方が早くないと人の上には立てないでしょうが、それは当然で敢えて部下や社員を育てるために仕事を任せているわけなので辛抱強く仕事の進捗を見守るしかありません。

部下や社員が真剣に仕事に取り組むことができているのか?

真剣に仕事に取り組んでいれば知恵や工夫が出てきます。必然的に上司に対し提案が増えてきます。

中途半端に仕事に取り組んでいれば愚痴が出てきます。必然的にミスが目につくようになります。

手伝わないというのも勇気がいります。

手伝わないということを決意して、納期、品質、コストを守るというマネジメントを考える。

納期が延びそうだったら指摘する。
品質が落ちそうだったら指摘する。
コストが増えそうだったら指摘する。



その中で自分で考えて何らかの方策を考えさせることで部下や社員は成長するのではないかと思います。

これが機能していくと強い組織が出来上がっていくのではないかと思います。


同じカテゴリー(人材育成)の記事画像
ビジネスの芽がたくさん生まれてきました!
来年こそは!
君たち(学生)でも出来ると信じてあげる
営業研修に真剣に取り組んでいる企業の半数は増収増益
無意識有能な上司と有意識有能な上司のどちらがいいですか?
基本があるから応用ができて、型があるので指導もできる
同じカテゴリー(人材育成)の記事
 ビジネスの芽がたくさん生まれてきました! (2015-01-01 10:24)
 来年こそは! (2014-12-31 07:51)
 君たち(学生)でも出来ると信じてあげる (2014-12-29 10:32)
 営業研修に真剣に取り組んでいる企業の半数は増収増益 (2014-11-26 09:55)
 無意識有能な上司と有意識有能な上司のどちらがいいですか? (2014-11-20 19:10)
 基本があるから応用ができて、型があるので指導もできる (2014-11-10 12:14)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。