2010年03月10日

自分が尊敬されたければ周囲の人を尊敬すべし

自分と一緒に働いている社員(同僚)を尊敬することができるか?


一緒に働いている社員というのは、仲間であって、その仲間を尊敬できないのであればチームとしてはほとんど機能しないのではないかと思います。

仲良くやっていこう

と言っているのではありません。


お客さんからの信頼を得ている営業社員

その営業社員の仕事を支えているサポート部門の社員

間接業務などを行う総務や経理のスタッフ社員

社員の活動をマネージメントしている管理職社員

いろいろな立場の人たちが、それぞれの仕事をきちんと遂行して会社全体は前に進んでいます。


自分の会社の同僚を否定することというのは、自分の仕事を否定することになります。


人を否定すると一瞬、自分が優位に立てたようにも感じます。

ただ、それは周囲から見ると悲しい虚勢の張り方のようにも感じます。


周囲への感謝、信頼、尊敬

というものができない人は、たぶん新天地を求めて転職を繰り返しても最初はいいですが、そのうちに、また同じような感情を持ってしまうのではないかと感じます。

自分が認められたいのであれば、周囲を認める

ということを学生たち若い世代にも教えていきたいと思います。





同じカテゴリー(人材育成)の記事画像
こちらのブログは6月末までになります
ビジネスの芽がたくさん生まれてきました!
来年こそは!
君たち(学生)でも出来ると信じてあげる
営業研修に真剣に取り組んでいる企業の半数は増収増益
無意識有能な上司と有意識有能な上司のどちらがいいですか?
同じカテゴリー(人材育成)の記事
 こちらのブログは6月末までになります (2017-06-23 06:13)
 ビジネスの芽がたくさん生まれてきました! (2015-01-01 10:24)
 来年こそは! (2014-12-31 07:51)
 君たち(学生)でも出来ると信じてあげる (2014-12-29 10:32)
 営業研修に真剣に取り組んでいる企業の半数は増収増益 (2014-11-26 09:55)
 無意識有能な上司と有意識有能な上司のどちらがいいですか? (2014-11-20 19:10)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。