2010年04月12日

言葉の定義から気づかせる

今日は某企業の新人研修で、

「働く」

ということをテーマで研修を行いました。



働くことのイメージを、学生の視点から社会人の視点に変えるということを目標に1日の研修を組み立てています。


「考える」

ということも重要なファクターになりますので、曖昧な言葉の定義も明確にしていきます。



予防線を張りがちな今年の新入社員に、どのような言動が予防線に見えるのかということもズバズバと指摘して、チャレンジすることを奨励しながら「無謀」と「挑戦」の違いは何かなど、いろいろなことを話しました。


この研修は4回シリーズなので、新入社員の皆さんの理解度を見ながらすすめていきます。





同じカテゴリー(人材育成)の記事画像
こちらのブログは6月末までになります
ビジネスの芽がたくさん生まれてきました!
来年こそは!
君たち(学生)でも出来ると信じてあげる
営業研修に真剣に取り組んでいる企業の半数は増収増益
無意識有能な上司と有意識有能な上司のどちらがいいですか?
同じカテゴリー(人材育成)の記事
 こちらのブログは6月末までになります (2017-06-23 06:13)
 ビジネスの芽がたくさん生まれてきました! (2015-01-01 10:24)
 来年こそは! (2014-12-31 07:51)
 君たち(学生)でも出来ると信じてあげる (2014-12-29 10:32)
 営業研修に真剣に取り組んでいる企業の半数は増収増益 (2014-11-26 09:55)
 無意識有能な上司と有意識有能な上司のどちらがいいですか? (2014-11-20 19:10)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。