2010年08月20日

自分を振り返る時間をいつ持ちますか?

今日は某プロジェクトのキックオフ的なイベントを開催しました。



時代を変えるために取り組むべき仕事と自分の中では考えている仕事になります。

そのプロジェクトに関係している人たちの意識は本当にプロジェクトが目指している方向性に向いているのか?などを理解する上でも重要なイベントでした。


元来、人は何を成し遂げるために生まれてくるのか?

という哲学的な考えもあり、自分の人生を振り返る時間を持つということにはこだわりも持っています。

少なくともサラリーマンになるために生まれてくる人はいませんので、その会社勤めという状態の中にも自分が社会にどのような価値を提供して人生の意味を創りだすということについては考えないといけません。


自分自身の人生というものを節目節目で振り返り、反省するというよりも次に何を仕掛けていくかということを考えるというのが振り返り(問題を発見して課題を設定する)ということではないかと思います。


今日は、これから海外に飛びます。
週末は、これからもプロジェクト展開についていろいろと考えてみたいと思っています。








同じカテゴリー(人材育成)の記事画像
こちらのブログは6月末までになります
ビジネスの芽がたくさん生まれてきました!
来年こそは!
君たち(学生)でも出来ると信じてあげる
営業研修に真剣に取り組んでいる企業の半数は増収増益
無意識有能な上司と有意識有能な上司のどちらがいいですか?
同じカテゴリー(人材育成)の記事
 こちらのブログは6月末までになります (2017-06-23 06:13)
 ビジネスの芽がたくさん生まれてきました! (2015-01-01 10:24)
 来年こそは! (2014-12-31 07:51)
 君たち(学生)でも出来ると信じてあげる (2014-12-29 10:32)
 営業研修に真剣に取り組んでいる企業の半数は増収増益 (2014-11-26 09:55)
 無意識有能な上司と有意識有能な上司のどちらがいいですか? (2014-11-20 19:10)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。