2010年10月10日

リーダーを目指す上で障害となるものは何ですか?

先週から今週にかけて、

NHKで『白熱教室 in Japan』の放映がありました。
http://www.nhk.or.jp/harvard/

東京大学の安田講堂で開催された講座を編集して放映されています。

イチローの年棒は高すぎるのか?
(果たして、イチローはオバマ大統領の42倍もの年俸に値するのだろうか?)

戦争責任を議論する
(現在の世代は、過去の世代が犯した過ちを償う義務があるのだろうか?)


『難しい』という言葉を簡単に発するのではなく、『難しい』から考える、議論するということが重要だということを教えてくれます。


このハーバード大学での『Justice』という授業は、参加者が自分の考えを発することで創りあげる授業なので日本人には『無理だ』と言われたというサンデル教授の言葉もひびきます。



最近では、企業での研修でも、社内のプロジェクト、学生の指導でも『難しいですね・・・』という言葉が出て、そこから思考停止状態になる場面に出くわすことが多くなりました。

『難しいから仕事なんだが・・・』と思うのですが、そこはグッとこらえてチャレンジしていくのを促します。


正義という言葉の定義をおこなう、正解を探すのではなく、

『ずっと考えるのが正義だ』

という主張にも納得しました。


しかし、誰しもが考え続けることができるものではないので、それはリーダーが考えるづけるということを率先垂範で見せないといけません。






私たちの仕事も、他社ができない難しいことをやるので対価がもらえるというものになります。

他社ができるようなことをやるだけでは正当な対価はいただけません。

やはりそれでは安い方に依頼するのがお客さまです。


メンバーは『難しい』と感じること、自信がないことへのチャレンジを恐れます。

しかし、それを引っ張っていくのがリーダーの役割になります。

その際に、一番の障害になるのは『臆病な自分』になります。

臆病な自分が顔を出してきた際に、どのような形で戦っていくのか?

ということが課題になっていきます。


正解がない課題

http://www.nhk.or.jp/harvard/archive.html

に自分はどのような意見を言えるだろうかと考えてしまいます。






同じカテゴリー(リーダー像)の記事画像
来年こそは!
あなたのリーダーとしてのミッションは何ですか?
同じカテゴリー(リーダー像)の記事
 来年こそは! (2014-12-31 07:51)
 その達成は周りにどんな影響を与えますか? (2011-04-04 09:32)
 リーダーを目指す上で障害となるものは何ですか? (2011-03-09 23:53)
 メンバーの能力を伸ばすために何ができますか? (2011-03-08 23:56)
 リーダーとしてあなたが学ぶべきことは何ですか? (2011-02-16 23:24)
 チームにあなたのヴィジョンをどのように伝えていますか? (2011-02-01 11:00)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。