2010年11月09日

誰といるとストレスが高くなりますか?

誰といるとストレスが高くなるか?

という「誰と」という部分はないですが、

***してもらわないと仕事ができない
***がないから失敗した
***という状態であれば成果がでない


など、仕事をおこなうときに条件が整わないと無理だという論理で責めてこられるとストレスは感じます。

***

という条件が整わない中で成果を出すから評価されるわけで、そこが理由に自分の能力の問題を棚に上げて頭ごなしに言われると、正直、きついな~と感じてしまいます。


そんなに強い人ばかりではない!

ということも、よく言われます。


はい、今の日本は平和なだけでなく競争というものも避けてきたので、そんなに強い人はいなくなりました。

その中で海外の企業などと勝負する
公的資金を得なくて勝負する

というのは正気の沙汰ではないようにも感じます。


国債という麻薬に手を出して膨大な借金を抱え、国民の人間としての力を弱くしてしまった感すらある日本で勝負していく、生き残るというのは大変なことです。


そのような意識の無い人たちは誰に助けてもらおうとしているのだろうか

と感じることもあります。


と言うことを書いているとストレスがたまってきますので、これくらいで。


世界の中の日本











同じカテゴリー(組織改善)の記事画像
営業研修に真剣に取り組んでいる企業の半数は増収増益
できない理由ではなく、できることは何なのか考える
ビジネスには競合がいる
次世代を担う人材に理解してもらいたい組織マネジメント
学生に学業とインターンシップを両立させるため
なぜ結果がでないのか?
同じカテゴリー(組織改善)の記事
 営業研修に真剣に取り組んでいる企業の半数は増収増益 (2014-11-26 09:55)
 できない理由ではなく、できることは何なのか考える (2014-10-13 18:26)
 ビジネスには競合がいる (2014-10-04 20:53)
 次世代を担う人材に理解してもらいたい組織マネジメント (2014-09-29 20:01)
 学生に学業とインターンシップを両立させるため (2014-09-16 19:54)
 なぜ結果がでないのか? (2014-08-20 19:03)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。