2011年01月03日

あなたのチームの共通のヴィジョンは何ですか?

皆さんのチームの共通のヴィジョンは何ですか?


ナレッジネットワーク株式会社を8年前に設立しました。
(2003年1月8日設立:創業は2002年1月4日)

ナレッジネットワーク株式会社は1月8日が創立記念日で2011年1月9日からは9年目に入ります。

ここにきて企業を取り巻くビジネス環境は大転換の時代になり、非常に楽しい時代になってきています。

今まで全国の中小企業の再生支援などのために情報化支援や人材育成支援などを行ってきました。

また、その企業再生をおこなうための各種サービスを出している企業の戦略立案や施策実行支援なども行ってきました。

講演も全国47都道府県で1500回ほど行わせていただきました。

書籍も出版させてもらってメディアなどにも出演させていただきました。

本当にありがとうございます。


起業当初の企業が抱える課題を解決するための施策はほとんど行ってきたつもりです。

ブランド力が無い企業がブランドを創るための施策

資金力の乏しい企業が資金を投下することなく結果を出すための施策

地方の企業が東京や海外で勝負をしていくための施策

いろいろと試みてきました。


そろそろ10周年も見えてきていますので、大きな舵取りをするタイミングです。

経営者も朝令暮改的な意思決定をしないとビジネス環境の変化に対応できない時代です。

他の企業の社員の方々から経営者の方針がコロコロ変わって困るという話も聞きますが、それは人徳の問題で、毎日決断をしている経営者の出すメッセージの前に関係性がどうなっているかということが課題のような気がしています。

そういう意味では私も社員との関係性については最善をきす必要があります。



1967年生まれの私は今年は44歳になります。

そんなに多くの時間が残されているわけではありません。

時代の大転換期をどのようにチャンスに変えて次の時代の立ち位置を創るのか、そのことばかりを考えています。

100年にわたりアメリカが世界経済をけん引してきました。

それがアジアを中心とした経済環境へと世界が変わってきています。

アジアの国である日本は歓迎すべき変化なんですが、アメリカに引っ張られる形でGDP世界2位になった日本はアジア諸国のダイナミックな動きからはおかれてしまったような状況になってきています。


日本の消費の冷え込みをデフレ的に言われることも多いのですが、株式会社日本政策投資銀行参事役の藻谷浩介さんが言われているように、

http://boony.at.webry.info/201010/article_11.html





日本の人口構成比に関する部分での課題が大きく、その課題を解決するためには若年労働者の働き方なども考え直す必要があるようにも感じています。

また、現在の主力である20歳~40歳くらいの労働者もワークライフバランスなどの主張も強くなり実際に労働生産性が高いかと考えると怪しい部分もあり、彼らに更にムチを入れるよりも彼らなりの主張に合わせた解決策を考える必要があると感じています。

成熟期から衰退期を迎えている日本という国の生きる道というのは、現状を受け入れて考えるということではないかと思っています。



私のチームは、時代の変化に柔軟に対応して次世代を担う人材をつくる支援をしていくことを使命としています。

常に社会から頼りにされるチームになる

そのためにはチームのひとりひとりが変化を楽しんで、変化をチャンスにしていかないといけません。

もしかすると今の日本人が一番不得意なことかもしれません。


ただ、それを行えるチームだけが、クライアントの組織改善の支援をおこなえるのではないかと考えています。


簡単ではありません。

だから、価値があります。





同じカテゴリー(仕事観)の記事画像
君たち(学生)でも出来ると信じてあげる
ビジップ株式会社より
常見陽平さんの講演会が開催されます。
協議会の存在意義とベンダーさんとの連携
今までの成功は、何が機能したと思いますか?
そこでのあなたの役割は何ですか?
同じカテゴリー(仕事観)の記事
 君たち(学生)でも出来ると信じてあげる (2014-12-29 10:32)
 ビジップ株式会社より (2014-12-27 18:00)
 中小企業もクラウドソーシングの活用を検討する時代 (2013-12-20 12:34)
 常見陽平さんの講演会が開催されます。 (2013-07-07 23:18)
 お題:仕事が嫌になった時、どう立ち直ったのですか? (2013-02-09 10:02)
 情報から知識を選別して、そこから知恵をうみだす (2012-12-07 23:57)

Posted by 森戸裕一 at 08:58│Comments(0)仕事観
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。