2008年02月13日

ビジネススクール

今日は、私が担当するビジネスプロフェッショナルスクールの2日目でした。

1週間前の1日目からの継続でナレッジマネジメントの内容を行いました。

Web2.0時代のナレッジマネジメントとは?

簡単に言うと、「枠を破る」ということです。

日本語圏の情報だけで知識補完することの危険性や、サポートメソッドがない組織の情報共有の難しさ、既成概念を破るという努力などについて考察してもらいました。

既成概念は、なぜ生まれるのか?

当社の社員とのコミュニケーションをしていても、その社員の既成概念はどのようなものかということは、だいたいわかっています。その社員に既成概念(枠)を自ら破らせるというのを仕事を通じてやってもらいたいと思っています。

Web2.0という考え方に限らず、第二世代というのは第一世代(既成概念)との違いを際立たせるということが重要になりますが、無理に新しいことをするのではなく、たとえば、システムに何をやらせるかということを考えるのではなく、人間は何をやるのかということを定義して仕様を作るのがRFPかもしれないということです。

「変える」のではなく「変わる」ということを必死に考えてもらいました。

同じカテゴリー(ビジネススキル)の記事画像
無意識有能な上司と有意識有能な上司のどちらがいいですか?
WordPressは必須スキル?
次世代はどのような仕事が主流になるのか?
どうすればそれを楽しく完了できますか?
目標に向けて今すぐできる戦略は何ですか?
あなたが手に入れたいスキルは何ですか?
同じカテゴリー(ビジネススキル)の記事
 無意識有能な上司と有意識有能な上司のどちらがいいですか? (2014-11-20 19:10)
 ネットショップを開設しませんか? (2014-06-14 13:09)
 WordPressは必須スキル? (2013-05-31 19:46)
 次世代はどのような仕事が主流になるのか? (2011-05-06 05:46)
 真剣になれない理由 (2011-05-03 23:28)
 時代の変化を読む、そして判断・行動する (2011-05-01 23:27)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。