2013年02月13日

九州地区で営業組織の再構築を考えていらっしゃる企業の皆さまへ

今日は盛岡に出張しています。

昨晩の遅くに盛岡に入りましたので外の景色は見えませんでしたが、今、ホテルから外を見ると、



やはり雪です。


盛岡に来るのは3ヶ月ぶりくらいと思いますが、歩道もカチコチに凍っています。

革靴で出張に来ている私としては少し気をつけて歩かないと危険な感じです。

午後からは講演なので、お昼を食べて会場に向かいます。




さて、岩手県の盛岡にいても、社内の営業の進捗状況は気になります。

当社は当然、営業支援システムを社内で導入しているのですが、営業支援システムの導入の前には営業プロセスを可視化するのに時間を費やしました。何となく営業をやっている訳ではないですが、営業プロセスをきちんと整備しないとタイミングよくアドバイスや支援などができないからです。

営業支援については当社のサービスでもありますので、他社の事例などもたくさん見ています。
多くの場合には、アプローチリストなどは存在していますが、営業マネージャーや経営者などが、どのタイミングで営業担当者とコミュニケーションすれば商談が前に進むのかなどについては見えないという会社がほとんどです。

日本の営業が

やっぱり変だよ!

と言われたのは数年前ですが、

http://matome.naver.jp/odai/2136071163778738901



宋さんの書籍もたくさん売れましたし、営業支援システムの導入に踏み切った会社も多かったようです。
営業の仕組みや売れる仕組みをつくるというのは、経営を継続するためには一番重要なことだと私も思います。

ただ、今でも「変な」ままで、営業支援システムなどを導入して何とかしようと考えている会社は多いようです。



営業支援システムというのは残酷で、システムを入れると営業プロセスがめちゃくちゃなことを可視化してくれます。そうなると、営業マネージャーも経営者も混乱してしまうので、先に営業プロセスを整備することを当社ではオススメしています。

http://www.tisiki.net/pm/



来年度(4月から)、営業組織を再構築しようと考えている九州の企業の皆さま、是非、プロセスマネジメント大学にご参加ください。既に3期分の卒業生がいますので、営業の仲間との交流も増えて情報交換も可能になります。





現在、当社の強みでもある営業ツール作成支援の初期パッケージ(10万円相当)を、プロセスマネジメント大学に早期申込み(2月末まで)をされた企業の方にご提供しようと考えています。


たくさんの皆さんがご参加されるのをお待ちしています!



同じカテゴリー(人材育成)の記事画像
こちらのブログは6月末までになります
ビジネスの芽がたくさん生まれてきました!
来年こそは!
君たち(学生)でも出来ると信じてあげる
営業研修に真剣に取り組んでいる企業の半数は増収増益
無意識有能な上司と有意識有能な上司のどちらがいいですか?
同じカテゴリー(人材育成)の記事
 こちらのブログは6月末までになります (2017-06-23 06:13)
 ビジネスの芽がたくさん生まれてきました! (2015-01-01 10:24)
 来年こそは! (2014-12-31 07:51)
 君たち(学生)でも出来ると信じてあげる (2014-12-29 10:32)
 営業研修に真剣に取り組んでいる企業の半数は増収増益 (2014-11-26 09:55)
 無意識有能な上司と有意識有能な上司のどちらがいいですか? (2014-11-20 19:10)

Posted by 森戸裕一 at 11:46 │人材育成