スポンサーサイト

  

Posted by スポンサー広告 at

2010年08月14日

完了したときの身軽さはどんなイメージですか?

仕事を「お金を稼ぐための手段」とだけで考えると非常に辛いものになります。

どうすればお金が稼げるか?

という意識だけで仕事を継続するというのは、仕事というのが価値を提供するものだと考えると先にリターンを考えていますので論理構造が崩れてしまいます。


お金が無くてもお金持ちになっても共に苦悩がある

というのは、お金というものが軸になっているからではないかと感じています。


お金がなくてもお金が沢山あっても幸せに満ちている

ということになるためには、幸せの定義がお金ということではなく心の充実の方に向いているからではないでしょうか。



難しい仕事などが完了した、大きな成果が出たときの達成感は何ともいえないものですし、その達成感が次の仕事への大きなモチベーションになります。

身軽になったというよりも、荷物を背負う体力がついたという感覚です。


次に更に重い荷物を背負うことになる

というのは年齢を重ねて、仕事での責任が重くなったり、家族が増えたりするするということなので、その荷物を背負う体力(能力)を身につけていかないと生きるのが楽しくなくなってきます。




  

Posted by 森戸裕一 at 23:26Comments(0)生き方