2008年05月13日

執念を持つ

昨日、弊社の若手営業のHくんと同行していくつかの会社をまわりました。

Hくんは情報の目利きはできます。
学生時代から、これは他の学生と比較すると抜きんでいました。

しかし、まだ学生でしたので、情報の持つ本当の意味などを深堀りして調べたり、他の情報と比較して他の人にもわかりやすく編集したりするということは、あまり得意じゃなかったようです。

社会人になって、他の仕事ができる人を見て、仕事での成果の出し方ということは学んでいるようです。

今日は、会社訪問の後に私が気付いたことを、いろいろと指摘しました。

簡単にいうと、執念を持て。

ということです。

仕事を任せてもらえないということは、あなたたちは価値が無いと判断されたことだということです。

それから、提案を断られるにしても本当の理由を聞き出すということをしないと次の戦略を考えることができません。
だから聞け。ということです。

執念があると自然に出る行動が、でない場合には知識ばかりで頭でっかちになっていることもあります。

同じカテゴリー(ビジネススキル)の記事画像
無意識有能な上司と有意識有能な上司のどちらがいいですか?
WordPressは必須スキル?
次世代はどのような仕事が主流になるのか?
どうすればそれを楽しく完了できますか?
目標に向けて今すぐできる戦略は何ですか?
あなたが手に入れたいスキルは何ですか?
同じカテゴリー(ビジネススキル)の記事
 無意識有能な上司と有意識有能な上司のどちらがいいですか? (2014-11-20 19:10)
 ネットショップを開設しませんか? (2014-06-14 13:09)
 WordPressは必須スキル? (2013-05-31 19:46)
 次世代はどのような仕事が主流になるのか? (2011-05-06 05:46)
 真剣になれない理由 (2011-05-03 23:28)
 時代の変化を読む、そして判断・行動する (2011-05-01 23:27)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。