2010年08月19日

仕事が終わったら何をしますか?

ひとつの仕事(プロジェクト)が終わったら祝杯をあげる前に、その仕事の振り返りを行う必要があります。

仕事が終わった時こそが一番リラックスしている状態であり、その状態でその仕事を開始するときにイメージしていた(計画していた)仕事の成果を出すためのプロセスと実際のプロセスの差異を分析する必要があります。


その差異分析の中から自分の能力が見えてきますし、次のプロジェクトをおこなうにあたっての能力開発目標も見えてきます。

同じ能力状態で次々にプロジェクトだけを経験していくという人と、プロジェクトの終了時にそこでの経験を棚卸しして次のプロジェクトにのぞんでいく人とでは成長の度合いが大きく違ってきます。


仕事が終わったらリラックスした状態で仕事の振り返りをする。

忙しくなるとついつい忘れる感覚ですが、大切にしたいと思います。





同じカテゴリー(人材育成)の記事画像
こちらのブログは6月末までになります
ビジネスの芽がたくさん生まれてきました!
来年こそは!
君たち(学生)でも出来ると信じてあげる
営業研修に真剣に取り組んでいる企業の半数は増収増益
無意識有能な上司と有意識有能な上司のどちらがいいですか?
同じカテゴリー(人材育成)の記事
 こちらのブログは6月末までになります (2017-06-23 06:13)
 ビジネスの芽がたくさん生まれてきました! (2015-01-01 10:24)
 来年こそは! (2014-12-31 07:51)
 君たち(学生)でも出来ると信じてあげる (2014-12-29 10:32)
 営業研修に真剣に取り組んでいる企業の半数は増収増益 (2014-11-26 09:55)
 無意識有能な上司と有意識有能な上司のどちらがいいですか? (2014-11-20 19:10)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。